CMSのプログラムとは

CMS子どもと大人のための音楽室でレッスンを受けると、こんなことができるようになります。

1.創造性とコミュニケーション

CMSは Creative music Session  

 

CMSでは、「音楽を学ぶ」ことで、すべての学びに通じる、考える力「自律」と、人と一緒に創りだす力「協調性・創造性」を養います

 

テキストは、バスティンメソッドなどを参考に独自のプログラムを使い、音楽テクニックと音楽性を身体のコントロール、声のコントロールなど、子どもの身体発達を考えながら、指導いたします。
そのほか、音楽に必要な鍵盤の把握、音の高低、リズムづくり、初見能力、移調、メロディーと伴奏づくり、聴音と即興演奏能力、楽典、お友達と一緒にセッションする力を楽しみながら養います。

子どもたちは、学ぶことが大好き。
音楽ゲームや書くこと、読むこと、そして自分の力で考えて表現する力を確実に指導いたします。

 

2.一人ひとりの子どもの発達に合わせたプログラム

小さな子どもたちは、単に年齢による発達の違いだけではなく、一人ひとりの興味のあること。それぞれの子どもたちの個性と気持ちを大切に観ていきます。今は出来ないけれど、その先に必ず培われる発達の可能性や道筋があります。


子どもの発達が専門で、創造的な音楽教育研究を25年以上積み上げてきた経験を活かします。社会性と自律性を養う、一人ひとりに合わせたプログラムを創り上げ、全力で指導してまいります。
 

 

 

3.レッスン前のご相談と充実した体験レッスン

1歳半からの小さな子どもたちは、おやこの音楽コミュニケーションを大切にしながら、少しずつお友達とのコミュニケーション方法も学んでいきます。

 

一人ひとりの個性に合わせた体験レッスンで、お子さんに合うレッスンをお母様、お父様と一緒に考えてまいりましょう。

 

まずは先生との信頼関係を築くことからはじめて音楽の楽しさを経験しましょう。